プライバシーポリシー

dr.label online store(以下当ショップ)は、GMOペパボ株式会社(以下サービス提供会社)の提供するショッピングカートASPサービス カラーミーショップ(当サービス)を利用して当ショップを開設するにあたりGMOペパボ株式会社の定めたプライバシー・ポリシーに則った個人情報の取扱いを行います。

1.個人情報の考え方

個人情報とは、個人に関する情報であり、その情報に含まれる氏名、住所、生年月日、電話番号、Eメールアドレスその他の記述、画像もしくは音声または個人別 に付与された番号、その他の符号によりその個人を識別できるものをいいます。

2.法令等の遵守

モデライト株式会社は、個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護に関する法令およびその他の適切且つ合理的な社会規範を遵守します。

3.適切な情報管理の徹底

モデライト株式会社は、取締役・監査役・全従業員(正社員・契約社員・嘱託・パート・アルバイト・派遣社員等を含む)に個人情報保護の重要性を認識させるとともに、個人情報を適切に利用および保護するための「個人情報保護に関する規程」を策定し、これを周知徹底します。

4.安全対策の実施

モデライト株式会社は、個人情報の正確性および安全性を確保するため、個人情報を最新の内容に保つよう努めるとともに、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の予防に努めます。

5.個人情報の取得

モデライト株式会社は、個人情報の取得にあたり、適切かつ公正な手段によって行い、その利用目的等の必要事項について、個人情報の主体である本人から同意を取るか、ホームページに公表します。

6.個人情報の取得

モデライト株式会社は、個人情報の利用に関しては、個人情報の主体である本人から同意を取るか、以下の事項と目的の範囲内で、具体的な業務に応じて権限を与えられた者のみが、業務上必要な限りにおいて行います。
ご購入・ご登録いただいた商品・サービスのお申し込みの確認やお届けするため
・当社製品のご購入の確認やお届けをするため
・電子メール配信サービスのお申し込みの確認やメールを配信するため
・各種会員制サービスへの登録の確認やサービスを提供するため
・各種商品・サービスのご請求、お支払いとその確認をするため
・ご協力いただいた調査に対して謝礼などをお送りするため
・ご応募いただいた懸賞などに対する景品等をお送りするため

ご利用いただいている商品・サービスの提供・改良や、新たなサービスを開発するため
・商品・サービス、ウエブ・サイトなどの内容を皆さまがよりご満足いただけるよう改良するため
・商品・サービス、ウエブ・サイトなどの内容を個々の利用者に合わせてカスタマイズするため
・皆さまが注文された情報や商品などに関する満足度を調査するため
・皆さまの利用状況を把握し、商品・サービスの改善や新サービスの開発に役立てるため

提供している商品・サービスに関連した情報などをお届けするため
・当社製品、その他各種サービスのご案内をお届けするため
・調査のご協力や各種イベントへのご参加をお願いしたり、その結果 などをご報告するため
・商品・サービス、ウエブ・サイトなどの利用状況を把握するため

7.個人情報の第三者への開示・提供

モデライト株式会社は、以下の場合を除いては、個人情報を第三者に開示または提供しません。また、個人情報を取り扱う業務を第三者に委託する場合は、適切な委託先と必要な契約を締結し、その他法令上必要な措置を講じます。
・お客様から承諾をいただいた場合
・お客様に明示した利用目的を実現するために、事前に秘密保持契約を締結した
 弊社の関連会社や業務委託先等に必要な範囲で個人情報の取り扱いを委託する場合
・お客様個人を特定できない状態に加工した統計的なデータとして利用する場合
・法令上の義務により開示を求められた場合
・人の生命、身体または財産等の重大な利益を保護するために緊急に必要がある場合

8.情報主体(本人)の権利尊重

モデライト株式会社は、個人情報に関する情報主体の権利を尊重し、個人情報の本人から自己の個人情報の開示、訂正もしくは削除、または利用若しくは提供の拒否等の求めに対し、社会通 念や慣行に照らして合理的な範囲でこれに応じます。但し、かかる請求が本人によるものであることを確認できない場合には請求に応じられない場合があります。

9.プライバシーポリシーの変更

お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、上記各項目の内容を適宜見直し、改善してまいります。プライバシー・ポリシーを変更する場合は、当ウェブサイトに掲載いたします。

10. 継続的改善

モデライト株式会社は、個人情報を適切に管理するため、法令、社会規範、情報技術の変化を把握し、常に管理の仕組みを見直し、継続的に改善を進めます。